卓越した専門家チームによる技術評価により、情報のクオリティを保証いたします。
   
     

【コラム】

特許の国際出願について

BCCメール受信者から、自分が考えた特許を廉価に国際出願したいとの事で知人にアドバイスを求めてみました。アドバイスを幾つかご紹介してみます。

a.外国出願の件ですが、単独の国へ向けてそれぞれ出願する場合、翻訳費がかかるため一カ国・平均40万円程度(欧州は80万円程度)が相場だと思われますが、一旦、国際出願経由とすれば、通常、30ヶ月時間的に費用を先送りすることができます。 費用が問題であり、ビジネスを中心に考えると、その方法が得策と思われます。 ただし、基礎となる日本出願等の優先権の関係を考慮する必要があり、条約に加盟していない「台湾」などは別扱いする等の考慮が必要です。
(特許関係の仕事をされている方のアドバイスです。)

b.出願時、企業内で発明者、知的財産部の人(リエゾン)、弁理士と三位一体のようにまとめて行きます。 発明者が発明内容の専門技術、弁理士は特許法に沿った理論的組み立て、知的財産部の人は文字通りのリエゾン機能を分担しています。 発明協会で出願する時は、リエゾン機能がなく、発明者自分ですべて背負うことになります。 PCT出願した後の指定国国内移行の際、上記の三位一体のことができないから、やっかいです。 PCT移行の原則は元出願に忠実に指定国の国語に翻訳することですから、つい翻訳者任せです。 一般的な翻訳者が特許法も技術もチンプンカンプンだから、やっかいです。 もちろん、言語能力もまちまちです。「忠実に翻訳すること」を「直訳」になりがちです。

c.海外特許の出願は、いちばん簡単な方法は、日本語で、日本の特許庁へPCT出願することです。 出願後、国際調査報告書を入手して、特許性が認められたら、該当国へ翻訳書を提出して申請する方法です。 これだと、電子出願でき、自分で弁理士に頼むことなく、コストをかけずにできるでしょう。 (特許事務に通じた企業の知財部OBです。必要であればご紹介出来ます。)

既に国内出願されておられたら、出願日から1年以内に近くの発明協会からPCT出願が出来ます。 その前に特許庁にある発明協会の端末を使用すること登録する必要があります。 登録の仕方は発明協会で教えてくれます。 PCT出願費用は印紙代などで、枚数にも寄りますが約25万円です。 優先権が出願日から30ヶ月です。その後、出願国の国内移行手続きになりますが、これは弁理士さんにお願いしたほうが良いです。 大体、1カ国翻訳代込みで40から60万円でしょう。 これは国内移行する各国の弁護士さんの費用を含みます。 ただし、問題が発生しますと都度追加料金が必要となります。(国際出願をしたことがある方です。)

外国出願については、高度な専門知識と熟練がいりますので、個人レベルでは到底対応することができません。 沢山弁理士さんがおられると思いますが、それらの方が全て外国出願に対応できるか、といえば、きちんと対応できる可能性は非常に疑問です。 しっかりした国際特許事務所のお世話になり、日本出願の原稿をちゃんと書いてもらうこと(この作業が基本的に重要です)から始めて、外国出願を視野に入れた翻訳、出願業務を相談しないといけません。 さらに重要なこと は、専門に関する技術上の事柄は、ご本人が英訳チェックも含めてすべて処理する必要があるということです。 弁理士には専門技術に関する事柄は理解していな事が多いからです。 ですから、技術に関することは出願者本人が処理し、特許に関することは特許事務所が処理する、という分業協力体制が必要不可欠です。 ここまでできて、始めて外国特許が取得できるでしょう。 (これは個人発明家が国際出願する際の自身の経験を元にしたアドバイスです。)

PTC出願に関する特許庁の説明は下記をご参照下さい。
http://www.jpo.go.jp/seido/s_tokkyo/kokusai1.htm

 

 
Copyright (C) 2003 株式会社 Business Creation & Collaboration Network  All Rights Reserved.