卓越した専門家チームによる技術評価により、情報のクオリティを保証いたします。
   
     

【コラム】

新商品開発について

現在、様々な分野で新商品開発が求められております。商品開発の場合、成功率を高める上で最も重要とされるものは市場のニーズだと思います。しかしニーズと言いましても、顕在化しているものでは競争が激しく価格競争になり勝ちです。
つまり新商品開発を成功する為には顕在化していないニーズを嗅ぎ分け、コンセプトを纏め、必要とする情報を収集し、事業計画を立て不足するものを確実に取りそろえる事、さらに売る力を持っている事などが求めらます。これは実際に商品を扱っていないと身に付かない能力で、ただ物を売っているからと言って必要とされる能力を持っているとは限らないのが難しい所だと思います。

様々なベンチャー企業が新商品を開発しますが、売る力が無い為に挫折するケースは枚挙に暇がありません。日本では売ることを軽視する傾向がありますが、ビジネスは売れてなんぼの世界で、売れてこそ始めてビジネスの展望が開きます。
そして、売ることは売ることのプロに任せる、あるいはプロの知恵を借りれば良いのではと思っております。新商品開発から販売までをプロデュース出来る方は少ないのですが、ポツリポツリと見あたります。BCCNとしては、そのような方々と情報交換ネットワークを作って行きたいと考えております。
プロデュース出来る方は、販売チャンネル、仕入先、相談相手、そして顧客などを沢山持っていますので、ビジネスの成功を加速させる為にBCCNの機能を活用すれば、双方にとって必ずメリットがあると考えております。プロデュース力の有る方に実際BCCNを利用して頂いておいますが、満足すべき結果が出ております。もしご興味が御座いましたら連絡下さい。対象は多分個人で事業をされておられる方だと思います。いずれにしろ、面談させて頂けば即刻判断出来ます。

ここで話しは少し変わりますが、ある技術士さんから資料を頂きました。この方の商品開発のコンセプトは:商品・サービスの性能・機能にはプラスとマイナスの特徴があり、一般的にはプラス面を良くする為に開発・投資がされているが、マイナス面に着目し、マイナスを1/10、1/100に抑制・削減することでプラス面を10倍、100倍に押し上げる事が出来、さらに困難だとされていた多くの課題が解決されると言う実績を見せて頂きました。これをローテクのインテリジェントと呼ばれており、このテーマで学位を授与されたとの事でした。
面白い考え方で、商品開発の一つのヒントとなると感じました。要は商品開発は柔らか頭で柔軟な思考をしなさいと言うことだと思います。

 

 
Copyright (C) 2003 株式会社 Business Creation & Collaboration Network  All Rights Reserved.