卓越した専門家チームによる技術評価により、情報のクオリティを保証いたします。
   
     

【コラム】

良いビジネス情報とインターネット(BCCの上手な利用法)

ビジネス情報と言われるものの中で、圧倒的に多いのは、何かを売りたいと言う情報だと思います。我々も特許流通などに関わっておりますが、ニーズが明確で無いが良い特許であると宣伝するものが多い訳です。これだと買い手の方でこの特許を何処に利用して、どのようなビジネスをするかを考えなければなりません。これは簡単なことではありません。

では良いビジネス情報とはどのようなものでしょうか? まず、情報が特定のビジネス関係の中から発生していて、確実にビジネスに繋がる情報で、既にクライアントを確保しており、費用も見えているような情報は良いビジネス情報の一つだと思います。普通このような情報を持っていれば即座に仕事に取りかかるわけですが、例えばある技術的なネックがあり、仕事を進められ無いとしたら、どうされますか? 世の中には無数の技術情報があり、様々なインターネットを利用した技術検索サービスや情報提供サイトがありますが、問題は自分の身を曝して情報探索をすることが難しい場合が多いことだと思います。

この問題を打破しようとして考えられたのがBCCネットワークなのです。BCCネットワークには技術ソースサイドとして様々な学会関係者、全分野の技術士、大学関係者、全国のTLO、様々な分野のベンチャー企業などが含まれております。例えばac.jpと言う大学関係のメールアドレスの方は約1000名ほど含まれております。また特定の企業の在職者のメールアドレスの実数も即座にチェック出来ますが、参加者の機密を守るのがBCCですから、これは開示できません。ちなみにco.jpと言うアドレスは5,100ほどあります。

つまりBCCネットワークを利用すると、全日本(だけでなく海外も含む)の叡智を自らの技術探索の意図などを曝すことなくサウンド出来るのです。しかし、良いビジネス情報は面識の無い人には出しません。つまり相互信頼と言うアナログ的なプロセスを経なければならないので、これがインターネットを介したビジネスのネックとなっており、インターネット時代と言っても良いビジネス情報は表に現れ難くなっているのです。この良いビジネス情報をBCCネットで提供する為にBCCではご要望があれば出かけて行って面談させて頂き、信頼関係を構築すると言うプロセスを踏ませて頂きたいと思っております。ただし、関東圏くらいまでは自腹で行かせて頂きますが、それ以上の遠隔地については最低限の交通費実費くらいはご負担お願いしたいと思っております。

インターネットを生かす為にはデジタル技術だけでは不十分で、アナログ的な所にビジネスの重要ポイントがあることが見過ごされているように感じております。つまりデジタル技術とアナログを融合させた所にビジネスチャンスがあるはずと思います。これは、私が長年苦労してきた中で得たノウハウですが、あえて皆様にお知らせするのはBCCネットの意義をご理解頂く為と、私が自分のビジネス領域についてのアナログ的な要素については自信があるからです。勝負をするなら、簡単に新技術により優位性をひっくり返されるデジタル分野でなく時間や人脈、経験など簡単にひっくり返されることが無く、時間が経つと共に優位性が増すアナログ分野で差別化を図るのが私のビジネスモデルです。これは私だけで無く日本が勝負すべき一つの方向のような気がします。

下記に良いビジネス情報の例をご紹介します。勿論この情報は私と面識のあるBCC会員より寄せられたものです。

 
Copyright (C) 2003 株式会社 Business Creation & Collaboration Network  All Rights Reserved.