卓越した専門家チームによる技術評価により、情報のクオリティを保証いたします。
   
     
2005.02.08

投資案件求む(私の知人からの依頼です。)

 当社は、今般、都内の電子部品メーカーの技術顧問に就任いたしました。当方の役割は、この会社の社長がやってみたい新規事業を推進する事です。資金余裕のある会社です。かくれた優良企業とはこういう会社を言うのか、という印象です。社長は人格も立派だし、それに何よりも大事なスピード感があふれています。

新規事業のテーマについては、(1)ここの社長の発案したアイディア、(2)私の提案するアイディア、で進めます。また、新規事業は本体でやるのでなく、ここの関連企業として別会社でやることになると思います。新規事業を推進する会社は、別にこのメーカーの子会社となるわけではありません。社長は私がやるか、私がやらないとしても最低私は役員として働くこととなります。つまりこのメーカー(or この社長)は、新事業が立ち上がる当面のエンジェルあるいは初期投資をする投資家という位置づけです。

そこで、この社長のアイディアを既に聞き取りしていますが、事業性という面ではいまひとつ疑問もあります。従って、上述の(2)の通り、私自身もできる限り有望な事業テーマを提案しなくてはなりません。今回この点でBCCN殿の支援を受けたく考えていました。そこで、BCCN購読者の方々に対して、広く事業テーマを求めます。取り組み方として、テーマを持っている企業とか個人の方には、会社に入ってもらう方法もあるし、顧問に就任してもらい共同で事業推進する方法、提携企業として会社対会社で協力していく方法とか、それはテーマを持ち込む相手先の事情とか都合に合わせて、柔軟に対応します。隷属的な関係は考えていません、当然の事ですが。

分野は何も必ずしも技術で勝負する、モノ作り事業とか、そういうことには限定していません。十分信頼できて組める方が提案し一緒にやれるのであれば、ITとかネット系の案件でも、 分野は何でも良く、大事なのは世の中で勝ち目のある勝負のしてゆける事業という事です。また日本だけでなくて欧米にも市場のある事業だとなお良いですね。有望なことをずっとやってきているけど資金面で立ち往生している会社があるとか、どこかの会社をスピンアウトして面白いことをやっている個人がいるけど、何らかの理由で我々と組んだほうが事業の成功が高まる、とか、理由はいくつかあるでしょうが、そういう会社や個人を希望します。

(当面の投資資金はマックス1億円程度を考えているとの事です。世の中には余裕のある企業もあるものですね。日本企業のマインドが守りから攻勢に転じる気配がしま。一発必中の選択、大胆な投資とスピードが求められています。)

投資案件を求める(パート2)

前号の投資案件を求めるについては、実に様々な案件情報を20件程お寄せ頂きありがとう御座いました。今後は有望案件を絞り込み、個別面談へと進む予定です。内容的に見ますと、玉石混合とは言え、結構良い情報が集まったと感じております。しかし、最終的に投資する案件は、今回は1件になるはずですが、依頼者の事業スキームに合致しない有望な案件を、どの様に扱うべきかについて考えております。まずは順次内容を精査しながらメール受信者の皆様には、依頼者の確認を得てから案件概要をお知らせし、新たな出会いの機会を提供したいと考えております。しかし、それだけでは物足らないように思いますので、新たな仕組みを考えて見たいと思います。何かご提案があれば、ご連絡下さい。下記は、今回寄せられた案件の一例です。


2)「音響管方式超音波流量計」の事業化パートナーを求む

「音響管方式超音波流量計」につきましては今だ事業化目前で難渋して居ります。OEM供給の御要望が大メーカーより2〜3来て居りまして、
1.製造委託先との話
2.OEM要望先との話
を含めてこれから契約まで詰めてゆく段取りをはじめるところでございます。しかし、企業体力・運転資金不足・負債等のからみもありまして商品提供の開始に乗りきれないで居ります。
原理発明からのものであっただけに商品化・事業化までの大変さを身にしみて感じながら、まだ思うように至って居りません。やはり、事業化のためのパートナー・事業家が必要なのでしょうがいままで、信頼・実力の備わったパートナーに出会えなかったというところでしょうか。今回、御案内頂いた方にお話を聞いて頂くことは可能でしょうか。
古い事業計画に最近の案件をプラスして見なおしをするところから方向・施策を作り上げ、事業として立ち上げたく存じて居ります。

それから何人かの経営コンサルタント(?)の方から、直接に投資案件依頼者と面談したいと言う希望が寄せられました。これに関する私の回答は簡単で、もし貴方が私の立場で、自社のクライアントへの直接コンタクトを希望するとの連絡があった場合、貴方であればどの様に思われ、対処されますか?と言うものです。
このような方がいるから、経営コンサルタントは怪しい商売だと思われてしまうのでは無いかなと懸念しております。


mailto:info@bccnetwork.com 


 

Copyright (C) 2004 株式会社 Business Creation & Collaboration Network  All Rights Reserved.