卓越した専門家チームによる技術評価により、情報のクオリティを保証いたします。
   
     
2004.06.14

USパテント解体新書完成記念【無料】講座

 重要な特許は,その後の特許審査において数多く引用される傾向があります。この関係を使って,特許調査とか特許の評価,さらにはライセンスやM&Aなどに利用しようという試みがあります。そのための分析システムもいくつか市販されております。ところが実際に企業内で利用しようとすると,どう使ったら良いのか分からず困っているのが,大方の現状のようです。

そこで,日本EPI協議会では,各システムの提供企業から,実際にどう使えるのか,できるだけ具体的に紹介をいただき,意見交換するシンポジウムを,7月2日に開催することになりました。ご関心のある方のご参加をお待ちしております。シンポジウムのホームページなどご参照下さい。
  http://jea-mem.hp.infoseek.co.jp/symposiumu200407_top.htm
日本EPI協議会のホーム頁 http://jea-mem.hp.infoseek.co.jp/


 

Copyright (C) 2003 株式会社 Business Creation & Collaboration Network  All Rights Reserved.