卓越した専門家チームによる技術評価により、情報のクオリティを保証いたします。
   
     
2004.04.20

環境機器関連中小企業の支援について

(BCCNが支援要請を受け、BCCNの関西代理人が、ある中小企業を訪問しました。)

H社は、大手の下請けや技術開発を手がけておられ、技術的にはしっかりとした会社という印象を受けました。神戸の大震災で会社移転、下請け事業も激減して大変つらい思いをされておられます。 非常に誠実な方で、2代目社長様です。さて、本題の新商品の説明と技術を伺いました、結果非常に有望な商品との
確信を得ました。

 本商品の特徴は、生ごみを粉砕、脱水する非常にコンパクトで安価な装置です。現在行われている生ごみ処理の問題点を解決してくれる非常に有望なビジネスと感じました。 たとえば、現在最も有望視されている炭化炉は、燃焼するオイルの経費が大きく、その経費に耐えられなくて休止している炭化炉を見受けることが出来ます。また、生ごみ処理機は水分が多いとか、投入物で十分機能する事が出来ない場合が多く、使いこなせていない企業も見受けられます。
H社の破砕・脱水・減容機は生ごみ処理機に比べ、使用用途は限られていますが、野菜系の生ごみであれば2〜3分以内に水分の70%を除去する事ができるのと同時に細胞膜を破砕して、発酵しやすくなります。ですからメタン発酵の前処理、生ごみ処理機の前処理から始まって、野菜系のごみの減量化等多くの用途開発が期待できる技術です。

 ぜひとも、しっかりとした企業になってもらいたいと思いますが、零細企業の常で、
銀行からの融資がとまっておられ開発資金も限界にきている状況です。補助金を申請しても、1/2、1/3の後払いでは自己負担には絶えられないようで、受注生産がぎりぎりの状況です。人、物、金を何らかの形で確保しないと十分に活動が
出来ないようで、社長様1人でがんばっておられるようです。できれば5年間で店頭上場できるようにして下さい。銀行借入以外の資金調達もありますよとお話しました。少しお手伝いすれば、非常に有力な中小企業に成るだけの技術力があると思いましたので、ご連絡致します。

(これが現実なのですね。ただ、この会社は技術力があり成長する可能性を持っておりますので、BCCNとしても出来る限りの支援をと考えております。この企業支援にご関心(製品販売・経営支援・開発支援など)がお有りでしたら、ご連絡下さい。)

 

 

Copyright (C) 2003 株式会社 Business Creation & Collaboration Network  All Rights Reserved.