卓越した専門家チームによる技術評価により、情報のクオリティを保証いたします。
   
     
2004.03.09

科学技術者フォーラム、3月セミナーのご案内

.日時:3月27日(土)午後1時ー4時半、講演
.場所:港区生涯学習センター「バルーン」3F

演題1:『トライボロジーにおける潤滑油剤の役割』
講演者 畑 一志氏(出光石油研究所)
  (1)トライボロジカルな問題と潤滑油剤の係わり,潤滑の目的
  (2)様々な機械・装置における潤滑状態とそれらを理解する手だて
  (3)自動車,産業機械等における具体的潤滑問題と潤滑の適性化による経済

演題2:「プロセス流体潤滑と流体機械」
   講演者 木村 芳夫氏(荏原製作所)
一般の流体機械では軸受部の潤滑に鉱物油を使用するが,そのためには機内に特別
な部屋を設け,潤滑油が外に漏れ出ないように,あるいはプロセス流体と混ざら
ないように密封装置を必要とする.しかし機械自身が扱っている作業流体すなわち
プロセス流体で軸受部を潤滑できれば,その必要性は無くなり,機械自身が非常に
コンパクトな構造となって,省資源,省エネルギー上大変好ましいことになる.
ここではプロセス流体,特に水という低粘度液で潤滑する軸受を構造及び材料面
から解説し,そうした軸受を搭載することによって実際の機械がどのように変化
するか,どのような特長がもたらされるかを明らかにする。

会費:フォーラム会員1000円、BCC会員1500円、非会員2000円
.講演者の紹介など詳細は下記ご参照下さい。
http://www.mmjp.or.jp/STF/seminar/2004/seminar-0327-04.htm



 

 

Copyright (C) 2003 株式会社 Business Creation & Collaboration Network  All Rights Reserved.